【たけし家庭の医学】プロテオグリカンを減らす3大条件とは?

こんにちは♪
健康サポートドットコム編集部の太田麻衣子です。

98ada9969807143a1cb86bec0a473731_s のコピー

先日放送された「たけし みんなの家庭の医学」でプロテオグリカンについて取り上げられていましたね。

 

プロテオグリカンは膝を若返らせてくれるとても大事な栄養素である事が分かりました。

プロテオグリカンはもともとカラダにある栄養素で、軟骨の成分です。
しかし、年を重ねるごとにプロテオグリカンは現象してしまい、関節痛、膝痛が発症してしまいます。

 

たけしのみんなの家庭の医学には「プロテオグリカンを減らす3大条件」という事が取り上げられてました。

 

プロテオグリカンを減らしてしまう条件とはいったいなんなのでしょうか?その事について詳しく書いていきます。

 

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s

 

プロテオグリカンを減らす3大条件〜その1〜体重増加

体重増加によってプロテオグリカンが減少してしまいます。
膝には体重の3倍もの負荷がかかっていると言われています。

 

例えば体重60キロの人であれば、膝には180キロの負荷がかかってしまうのです。そうなると膝にある軟骨(プロテオグリカン)が減少してしまい、膝関節痛を発症してしまうのです。

 

体重増加はやはり良い事はありませんね。

 

 

プロテオグリカンを減らす3大条件〜その2〜40歳以上

 

40歳以上になるとカラダの変化が起こると共に、膝も変化が起こってきます。40歳を境に膝痛の患者さんが増えるとたけしのみんなの家庭の医学で言われていました。

 

40歳になるとプロテオグリカンが減少し始める年ということでした。

 

 

プロテオグリカンを減らす3大条件〜その3〜女性

女性は男性の2倍軟骨変性が起こりやすいと言われています。

 

その理由はエストロゲンという女性ホルモンによります。
エストロゲンは軟骨を守る役割もあるのですが、閉経によってエストロゲンが減少しプロテオグリカンが作られなくなってしまうと言われています。

 

女性は男性の2倍、プロテオグリカンが減少しやすいと言われていました。

 

 

どうすればプロテオグリカンを増やせるの?

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

年齢を重ねるごとにプロテオグリカンは減ってしまいます。
自分のカラダで作る事が難しくなったら外部からプロテオグリカンを摂取する必要があります。

 

ですが、プロテオグリカンを摂取する上で注意点もあるので書いていきますね。

 

プロテオグリカンは壊れやすい

プロテオグリカンの特徴として、熱に弱く壊れやすい性質を持っています。ですので「プロテオグリカン配合」と書いてあるサプリメントを飲めばいいというわけではないのです。

 

熱を入れていない「極生(非変性Ⅱ型コラーゲン)である必要があります。壊れているプロテオグリカンを摂取しても効果はありません。
製造の段階でしっかりとした手順で作られているサプリメントを選びましょう。

 

当サイトがおすすめしている北国の恵みは極生の状態で作られています。開発には内閣総理大臣賞を受賞した工藤義昭さんが開発顧問を勤めていますので安心して飲む事ができます。

 

 

また実際に北国の恵みを購入して飲んでいる方は2ヶ月〜3ヶ月で膝痛が改善されている方も多いんですよ。

 

 

とても安心できるサプリメントなので是非一度試してみて下さいね♪実際に飲んで改善されたお客様の声を取り上げてみましたので是非ご覧ください。

 

お客様の声はこちら

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
太田麻衣子

太田麻衣子

こんにちは♪ 健康サポートドットコム編集部の太田麻衣子です。 北国の恵みについてお伝えしていきます♪

コメントを残す